残念!市議団が提案した小中学校の給食費補助金交付条例案が否決に

私たちは、6月定例会で小金井市の小中学校の給食費補助金交付に関する条例を提案しましたが、 9月定例会初日の本会議で否決されました。 賛成(9) 森戸よう子、板倉真也、水上ひろし、たゆ久貴(日本共産党)、 片山薫、坂井えつ子(緑・市民自治こがねい) 田頭ゆうこ(生活者ネット) 齋藤康夫(こがねい市民会議) 渡邉大三(情報公開こがねい) 反対(14) 遠藤ゆりこ、湯沢綾子、吹春やすたか、河野律子(自民党・信頼の小金井) 宮下誠、紀由紀子、渡辺ふき子、小林正樹(公明党) 鈴木成夫、岸田正義、村山秀貴(民進党) 篠原ひろし(改革連合) 白井とおる(こがねいをおもしろくする会) 沖浦あつし(小金井の明日をつくる会) 日本共産党を代表し、たゆ市議会議員が賛成討論しましたので紹介します。 議員案第25号「小金井市学校給食費補助金の交付に関する条例」について、日本共産党小金井市議団を代表して賛成討論を行います。 賛成の理由について、厳しい情勢をふまえ、学校給食費について補助を行い、保護者の経済的な負担を軽減するためにこの条例が必要と考えるからです。 小金井市はこの4月から食材費の高騰を理由に学校給食費を値上げしました。 (小学校1・2年生は4,200円から4,369円、3・4年生は4,530円から4,726円、5・6年生は4,870円から5,066円、中学生は5,210円から5,449円の値上げです。)この条例は値上げされた分を補助するというものです。 学校給食法は食育の推進をかかげています。また、憲法26条は「義務教育は、これを無償とする」としています。給食費が払えずに肩身の狭い思いをしたり

9月定例会が始まりました

9月定例会が、8月31日から始まりました。 日本共産党市議団は、市民要求実現に取り組んでいきます。 4人の市議会議員の一般質問は以下の通りです。傍聴にお出かけください。 また、インターネット中継も行なっています。ぜひごらんください。 ■おもて面 ●第3回定例会が31日から、決算や補正予算を審査 補正予算は繰越し金14億円を補正増 市民の暮らしには回らず ●党市議団主催 「介護保険制度の学習と懇談のつどい」 制度のことがよくわかったと参加者の声 ●市民お多様な声の反映抑える 市議会議員の定数削減はやめるべき ■うら面 ●4人の市議会議員の一般質問、議会日程

Blog

ブログ

特集記事
記事一覧

アーカイブ

タグ

まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© Wix.comを使って作成されました