日本共産党 議長予定者に議会運営の民主的な運営を申し入れ

日本共産党は、議長の選挙にあたって、議長予定候補の五十嵐京子市議に対し、遺憾申し入れをこない、議長選に臨みました。 五十嵐京子市議からは、前向きの回答が寄せられました。 この結果をうけ、議長選では五十嵐京子市議に投票しました。 五十嵐京子市議は、24票のうち21票、副議長の森戸よう子市議は、24票のうち22票で選出されました。 議長予定候補 様 議会就任にあたって民主的な運営を求める申し入れ 2017年4月19日 日本共産党小金井市議団 森戸よう子 板倉 真也 水上ひろし たゆ 久貴 1.議長として、単独会派を含めすべての議員に対し、公平・公正な議会運営に努めること。 2.議会運営について、一人で判断や決断をせず、4者(正副議長、正副議会運営員長)の協議を継続すること。4者協議で不一致の場合は、案件によっては、議会運営委員会で協議し、結論を導き出すこと。 3.2元代表制の下で、小金井市議会として大切にしてきた「市民に開かれた議会、自由かっ達な質疑を保障する議会、少数会派の活動も認め合う」ことを、これからも継続させること。 4.「市民の視点に立ちつつ、議会としての自律性を高め、執行機関を監視し、政策を立案する活動をより充実強化する」、「議会の情報公開を推進して説明責任を果たす」、「市民の多様な意見をくみ取る」という議会としての役割が発揮できるように、議長自身が議会と一緒になって研鑽に励むこと。 5.議会基本条例では、市民の声を議会の意思決定に反映させることなど市民参加の視点を盛り込んでいる。たとえば、議会報告会、市民との意見交換の場などがあるが、議長としても積極的に推進すること。

議会人事 副議長に共産党の森戸市議

小金井市議会は、19日(水)に臨時会が開催され、正副議長などの人事を選出しました。 日本共産党からは、副議長に森戸よう子市議、厚生文教委員長に水上ひろし市議、総務企画委員長に板倉真也市議が選出されました。新人の田湯久貴市議は、建設環境委員会に所属することになりました。詳細は、以下をご覧ください。 改選後の市議会の構成は、自民党・信頼の小金井(5)、公明党(4)、共産党(4)、民進党(3)、緑市民自治こがねい(2)の他に、生活者ネット、リベラル保守の会、改革連合、こがねい市民会議、こがねいをおもしろくする会、小金井の明日をつくる会の6会派は、一人会派。 小金井市議会は、一人会派は会派代表者会議に出席できますので、会派代表者会議は16名で構成しています。

しんぶん小金井4月9日号

【表面】 ■「共謀罪」自・公が今国会での成立を狙う 市議会「国会提出を求める意見書」を可決 ■「道徳の教科化」が来年度から小学校で 今年度、小学校道徳教科書が採択へ ■「空き家対策」関係予算が計上される 実態調査・データベース化、協議会設置へ 【裏面】 ■「教育ってなんだろう?」こがねい連絡会から提出された 小学校道徳教科書採択についての要望書

しんぶん小金井4月2日号

【表面】 ■市議選 投票率が下がるなか前回票を維持 現職3人・新人1人 共産党全員当選 ■負担軽減に当てられる額はわずか 保育料値上げの賛成者の論拠崩れる 【裏面】 ■各投票所ごとの投票数・投票率

しんぶん小金井3月19日号

【表面】 ■値上げと負担増の一方、大型開発・道路建設に税金投入 10億円の繰越金は市民の生活に ■奨学資金改善条例はあと一歩 共産党の予算組み替え案 市民生活最優先にただす内容 ■「共謀罪 国会提出中止を」など共産党発議の意見書 5本が可決 【裏面】 ■日本共産党の2017年度予算組み替え案

しんぶん小金井3月12日号

【表面】 ■小中学校の就学援助制度の充実 国が通知文 小金井市 入学用品費単価アップと入学前の前倒し支給へ ■3回目の「小金井平和の日」市民イベント 終了後、有志が駅周辺を元気よくパレード ■新福祉会館の最優先での建設を 市民を犠牲にする「行革」は見直しを 【裏面】 新福祉会館と市役所建設についての市長報告に対する日本共産党の見解

しんぶん小金井3月5日号

■小金井市行革(案)をパブリックコメント さらなる市民負担増と民間委託化を明記 ■清掃関連施設整備基本計画検討会議 二枚橋周辺協議会からは代表選出されず ■情報漏えいリスク大・「特別徴収通知書」のマイナンバー表示 「マイナンバーの記載は中止を」共産党

Blog

ブログ

特集記事
記事一覧

アーカイブ

タグ

まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© Wix.comを使って作成されました