top of page

2024年度予算要求書を提出




 日本共産党市議団は14日(火)、白井市長に「2024年度予算への要求書」を手渡し、実現を求めました。

「要求書」は、原油価格・物価高騰から市民生活を守る緊急要求の項目、市政全般にわたる要求の254項目、合計276項目となっています。

 緊急要求は、地方創生臨時交付金の増額を政府が決めたことを受けて、市民生活支援のための予算を早急に提出することを求めています。

 ●中小業者等の燃料代補助について、小売店や理美容業などに対象業種を拡大し、上限額を引き上げ、電気・ガス代についても補助を実施すること、●国保税の増税は行わないこと、●小中学校給食費を無償にすること、●会計年度任用職員に勤勉手当を支給すること、などです。

 市長は、「受け止めてでっ切ることは検討する」と答えました。

 詳細はこちらのページへ 


2024年度予算への要求書
.pdf
ダウンロード:PDF • 405KB

Comentarios


特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page